重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB4.0.0Beta.1リリースノート

発売日:2020年2月28日

TiDBバージョン:4.0.0-beta.1

TiDB Ansibleバージョン:4.0.0-beta.1

互換性の変更

  • TiDB

    • log.enable-slow-log構成アイテムのタイプを整数からブール#14864に変更します
    • MySQL 5.7との整合性を保つために、 mysql.userシステムテーブルのpasswordフィールド名をauthentication_stringに変更します(この互換性の変更は、以前のバージョンにロールバックできないことを意味します。#14598
    • txn-total-size-limit構成項目のデフォルト値を1GBから#14522に調整し100MB
    • #14830から#14303た構成アイテムの動的な変更または更新をサポート#14750
  • TiKV

  • PD

    • HTTP APIを最適化して、構成マネージャーと互換性を持たせる#2080
  • TiDB Lightning

    • 構成ファイルで構成されていない特定の項目については、ドキュメントで指定されているデフォルトの構成を使用してください#255
  • TiDB Ansible

    • 名前をtheflashからtiflash#1130
    • TiFlashの構成ファイル#1138のデフォルト値と関連する構成を最適化する

新機能

  • TiDB

    • SLOW_QUERY / CLUSTER_SLOW_QUERYシステムテーブルで#14878でも遅いログのクエリをサポート#14840
    • SQLパフォーマンス診断をサポートする
    • Sequence機能#14830 #14303 #14731 #14589 #14442 #14674
    • #14830から#14303た構成アイテムの動的な変更または更新をサポート#14750
    • 負荷分散ポリシーに従ってさまざまな役割からデータを自動的に読み取る機能を追加し、この機能を有効にするためにleader-and-followerのシステム変数を追加します#14761
    • Coercibilityの関数を追加します#14739
    • パーティションテーブルでの#14735 #14644の設定のサポート#14713
    • SLOW_QUERYテーブル#14451の特権チェックを改善します。
    • SQL結合を使用するときにメモリが不足している場合、サポートは中間結果をディスクファイルに自動的に書き込みます#14708 #14279
    • information_schema.PARTITIONSのシステムテーブル#14347をクエリすることにより、テーブルパーティションのチェックをサポートします。
    • json_objectaggの集計関数を追加します#11154
    • 拒否された接続試行を監査ログに記録することをサポート#14594
    • max-server-connectionsの構成項目(デフォルトでは4096 )を追加して、単一サーバーへの接続数を制御します#14409
    • サーバーレベル#14440で複数のストレージエンジンを指定する分離読み取りをサポートする
    • ApplyオペレーターとSortオペレーターのコストモデルを最適化して、安定性を向上させます#13550 #14708
  • TiKV

    • #6480を介したステータスポートからの構成アイテムのフェッチをサポート
    • コプロセッサー#6341Chunk Encoderのパフォーマンスを最適化する
  • PD

    • ダッシュボード#2086を介したクラスタのホットスポットの分散へのアクセスのサポート
    • クラスタコンポーネント#2116START_TIMEUPTIMEのキャプチャと表示をサポートします
    • memberの返されたメッセージにデプロイメントパスとコンポーネントバージョンの情報を追加し#2130
    • pd-ctlにcomponentつのサブコマンドを追加して、他のコンポーネントの構成を変更および確認します(実験的) #2092
  • TiDB Binlog

    • コンポーネント間の#894をサポート#904
    • Drainerにkafka-client-idの構成アイテムを追加して、Kafkaのクライアント#902を構成します。
    • Drainerでの#885バックアップデータのパージをサポート
  • TiDB Ansible

    • 1つのクラスタでの複数のGrafana/Prometheus/Alertmanagersのデプロイをサポート#1142
    • TiFlashの構成ファイルにmetric_portの構成アイテム(デフォルトでは8234 )を追加します#1145
    • TiFlashの構成ファイルにflash_proxy_status_portの構成アイテム(デフォルトでは20292 )を追加します#1141
    • #1151モニタリングダッシュボードを追加する#1147

バグの修正

  • TiDB

    • 列名が64文字を超えるviewを作成するとエラーが報告される問題を修正します#14850
    • create or replace viewステートメントが正しく処理されないためにinformation_schema.viewsに重複データが存在する問題を修正します#14832
    • plan cacheが有効になっている場合のBatchPointGetの誤った結果を修正します#14855
    • タイムゾーンが変更された後、データが間違ったパーティションテーブルに挿入される問題を修正します#14370
    • 外部結合の簡略化中にIsTrue関数の無効な名前を使用して式を再構築するときに発生したpanicを修正します#14515
    • show bindingステートメント#14443の誤った特権チェックを修正します。
  • TiKV

  • TiDB Lightning

    • Webインターフェイスがサーバーモード#259以外では機能しないというバグを修正します