重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB3.1RCリリースノート

発売日:2020年4月2日

TiDBバージョン:3.1.0-rc

TiDB Ansibleバージョン:3.1.0-rc

警告

このバージョンにはいくつかの既知の問題があり、これらの問題は新しいバージョンで修正されています。最新の3.1.xバージョンを使用することをお勧めします。

新機能

  • TiDB

    • パフォーマンスを向上させるために、バイナリ検索を使用してパーティションプルーニングを再実装します#15678
    • 切り捨てられたテーブル#15460を回復するためのRECOVER構文の使用をサポート
    • ステートメントの再試行とテーブルの回復のためにAUTO_RANDOMのIDキャッシュを追加します#15393
    • recover tableステートメントAUTO_RANDOMを使用した1IDアロケータの状態の復元をサポートし#15393
    • サポートYEAR 、およびMONTHは、ハッシュパーティションテーブル#15619のパーティションキーとして関数しTO_DAY
    • SELECT... FOR UPDATEステートメントでキーをロックする必要がある場合にのみ、テーブルIDをスキーマ変更関連テーブルに追加します#15708
    • 負荷分散ポリシーに従ってさまざまな役割からデータを自動的に読み取る機能を追加し、この機能を有効にするためにleader-and-followerのシステム変数を追加します#15721
    • TiDBが新しい接続を確立するたびにTLS証明書を動的に更新して、RPCクライアント側を再起動せずに期限切れのクライアント証明書を更新することをサポートします#15163
    • TiDBが新しい接続を確立するたびに最新の証明書のロードをサポートするようにPDクライアントをアップグレードします#15425
    • TiDBサーバーとPDサーバー間、またはcluster-ssl-*が構成されている場合は2つのTiDBサーバー間で、構成済みのTLS証明書を使用してHTTPSプロトコルを強制的に使用します#15430
    • MySQL互換の--require-secure-transportスタートアップオプションを追加して、構成中にクライアントにTLS認証を有効にするように強制します#15442
    • cluster-verify-cnの構成アイテムを追加します。構成後、ステータスサービスは、対応するCN証明書#15137がある場合にのみ使用できます。
  • TiKV

    • Raw #7051を使用したデータのバックアップをサポート
    • ステータスサーバーのTLS認証をサポートする#7142
    • KVサーバーのTLS認証をサポートする#7305
    • ロックを保持する時間を最適化して、バックアップ#7202のパフォーマンスを向上させます
  • PD

    • shuffle-region-schedulerを使用して学習者の#2235をサポートする
    • pd-ctlにコマンドを追加して、配置ルールを構成します#2306
  • ツール

    • TiDB Binlog

      • コンポーネント間の#939認証をサポートする#931 #937
      • Drainerにkafka-client-idの構成アイテムを追加して、Kafkaのクライアント#929を構成します。
    • TiDB Lightning

      • TiDB Lightningの#281#275化する
      • TiDB Lightningの#270認証をサポートする
    • バックアップと復元(BR)

      • ログ出力を最適化する#189
  • TiDB Ansible

    • TiFlashデータディレクトリの作成方法を最適化する#1242
    • TiFlash3にWrite Amplificationの監視項目を追加し#1234
    • CPUepollexclusiveが利用できない場合に失敗したプリフライトチェックのエラーメッセージを最適化する#1243

バグの修正

  • TiDB

    • TiFlashレプリカを頻繁に更新することによって引き起こされる情報スキーマエラーを修正します#14884
    • #15149を適用するとlast_insert_idが誤って生成される問題を修正しAUTO_RANDOM
    • TiFlashレプリカのステータスを更新すると、DDL操作がスタックする可能性がある問題を修正します#15161
    • プッシュダウンできない述語がある場合、 AggregationプッシュダウンとTopNプッシュダウンを禁止します#15141
    • ネストされたviewの作成を禁止する#15440
    • #15570の後にSELECT CURRENT_ROLE()を実行したときに発生したエラーを修正しSET ROLE ALL
    • select view_name.col_name from view_nameステートメントを実行するときにviewの名前を識別できない問題を修正します#15573
    • binlog情報の書き込み中にDDLステートメントを前処理するときにエラーが発生する可能性がある問題を修正します#15444
    • viewとパーティションテーブルの両方にアクセスしたときに発生したpanicを修正します#15560
    • bit(n)データ型#15487を含むupdate duplicate keyステートメントでVALUES関数を実行するときに発生したエラーを修正します
    • 一部のシナリオで、指定された最大実行時間が有効にならない問題を修正します#15616
    • Index Scan #15773を使用して実行プランを生成するときに、現在のReadEngineにTiKVサーバーが含まれているかどうかがチェックされない問題を修正します。
  • TiKV

    • 既存のキーをトランザクションに挿入し、整合性チェックパラメータを無効にしたときにすぐに削除することによって引き起こされる競合チェックの失敗またはデータインデックスの不整合の問題を修正します#7112
    • TopNが符号なし整数を比較するときの計算エラーを修正します#7199
    • Raftstoreにフロー制御メカニズムを導入して、フロー制御がないとログの追跡が遅くなり、クラスタがスタックする可能性があるという問題を解決します。トランザクションサイズが大きいと、TiKVサーバー間で頻繁に再接続される可能性があるという問題#7087 #7078
    • レプリカに送信された保留中の読み取り要求が永続的にブロックされる可能性がある問題を修正します#6543
    • スナップショットを適用すると、レプリカの読み取りがブロックされる可能性がある問題を修正します#7249
    • リーダーの異動によりTiKVがpanicになる可能性がある問題を修正#7240
    • データをS31にバックアップするときに、すべてのSSTファイルがゼロで埋められる問題を修正し#6967
    • バックアップ中にSSTファイルのサイズが記録されず、復元後に多くの空のリージョンが発生する問題を修正します#6983
    • バックアップ#7297でIAMをサポートする
  • PD

    • PDがリージョンハートビートを処理するときにデータ競合が原因で発生するリージョン情報が正しくない問題を修正します#2234
    • random-merge-schedulerがロケーションラベルと配置ルールに従わないという問題を修正します#2212
    • 配置ルールが同じstartKey#2222の別の配置ルールによって上書きされる問題を修正しendKey
    • APIのバージョン番号がPDサーバー#2192のバージョン番号と一致しない問題を修正します
  • ツール

    • TiDB Lightning

      • TiDBバックエンド#283&文字がEOF文字に置き換えられるバグを修正しました
    • バックアップと復元(BR)

      • BRがTiFlashクラスタデータを復元できない問題を修正する#194
このページの内容