重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB3.0.6リリースノート

発売日:2019年11月28日

TiDBバージョン:3.0.6

TiDB Ansibleバージョン:3.0.6

TiDB

  • SQLオプティマイザー
    • ウィンドウ関数ASTがSQLテキストを復元した後、結果が正しくないという問題を修正し#12933 。たとえば、 over wが誤って35に復元されover (w)
    • STREAM AGG()から#12690を押し下げる問題を修正しdoubleRead
    • SQLバインディング#13117の引用符が正しく処理されない問題を修正します
    • 全表スキャンを回避するためにselect max(_tidb_rowid) from tのシナリオを最適化する#13095
    • クエリステートメントに変数代入式#13231が含まれていると、クエリ結果が正しくない問題を修正します。
    • UPDATEステートメントにサブクエリと生成された列の両方が含まれている場合に結果が正しくないという問題を修正します。このステートメントに異なるソースデータベースからの2つの同じ名前のテーブルが含まれている場合のUPDATEステートメントの実行エラーを修正します#13350
    • ポイントクエリ#13416のサポート_tidb_rowid
    • パーティションテーブル統計の誤った使用が原因で、生成されたクエリ実行プランが正しくないという問題を修正します#13628
  • SQL実行エンジン
    • 年タイプ#12745の無効な値を処理するときに、TiDBがMySQLと互換性がないという問題を修正します
    • INSERT ON DUPLICATE UPDATEステートメントでChunkを再利用して、メモリのオーバーヘッドを削減します#12998
    • JSON_VALID組み込み関数#13133のサポートを追加します
    • パーティションテーブル#13140でのADMIN CHECK TABLEの実行をサポート
    • 空のテーブルでFAST ANALYZEが実行されたときのpanicの問題を修正します#13343
    • 複数列のインデックス#13394を含む空のテーブルでFAST ANALYZEを実行するときのpanicの問題を修正します
    • WHERE句に一意キー#13382の等しい条件が含まれている場合に、推定行数が1より大きい問題を修正します。
    • TiDB #13254Streamingを有効にすると、返されるデータが重複する可能性がある問題を修正します。
    • count-minスケッチから上位N値を抽出して、推定精度を向上させます#13429
  • サーバ
    • gRPCダイヤルがタイムアウトしたときにTiKVに送信されたリクエストをすぐに失敗させる#12926
    • 次の仮想テーブルを追加します: #13009
      • performance_schema.tidb_profile_allocs
      • performance_schema.tidb_profile_block
      • performance_schema.tidb_profile_cpu
      • performance_schema.tidb_profile_goroutines
    • クエリがペシミスティックロックを待機しているときにkillコマンドが機能しない問題を修正します#12989
    • ペシミスティックロックの取得が失敗し、トランザクションに単一のキーの変更のみが含まれる場合は、非同期ロールバックを実行しないでください#12707
    • リージョンの分割要求に対する応答が空の場合のpanicの問題を修正します#13092
    • PessimisticLockがロックエラーを返す場合の不要なバックオフを回避します#13116
    • 認識されない構成オプション#13272の警告ログを出力して、構成を確認するためのTiDBの動作を変更します。
    • /info/allのインターフェイスを介したすべてのTiDBノードのbinlogステータスの取得をサポート#13187
    • TiDBが接続を切断したときにゴルーチンがリークする可能性がある問題を修正します#13251
    • innodb_lock_wait_timeoutパラメーターをペシミスティックトランザクションで機能させて、ペシミスティックロックのロック待機タイムアウトを制御します#13165
    • 他のトランザクションが不必要に待機するのを防ぐために、ペシミスティックトランザクションクエリが強制終了されたときにペシミスティックトランザクションTTLの更新を停止します#13046
  • DDL
    • TiDBでのSHOW CREATE VIEWの実行結果がMySQL3での実行結果と矛盾する問題を修正し#12912
    • unionに基づくViewの作成をサポートします(例: create view v as select * from t1 union select * from t2 #12955
    • slow_queryのテーブルにトランザクション関連のフィールドをさらに追加します: #13072
      • Prewrite_time
      • Commit_time
      • Get_commit_ts_time
      • Commit_backoff_time
      • Backoff_types
      • Resolve_lock_time
      • Local_latch_wait_time
      • Write_key
      • Write_size
      • Prewrite_region
      • Txn_retry
    • テーブルが作成され、テーブルにCOLLATE #13174が含まれている場合は、列にシステムのデフォルトの文字セットの代わりにテーブルのCOLLATEを使用します。
    • テーブルを作成するときにインデックス名の長さを制限する#13310
    • テーブルの名前が変更されたときにテーブル名の長さがチェックされない問題を修正します#13346
    • TiDB #13522での主キーの追加/削除をサポートするために、 alter-primary-keyの構成(デフォルトでは無効)を追加します。

TiKV

  • acquire_pessimistic_lockインターフェイスが間違った#5740を返す問題を修正しtxn_size
  • パフォーマンスへの影響を減らすために、1秒あたりのGCワーカーの書き込みを制限します#5735
  • lock_managerを正確にする#5845
  • 悲観的ロック#5848のサポートinnodb_lock_wait_timeout
  • Titan1の構成チェックを追加し#5720
  • tikv-ctlを使用してGCI/ O制限を動的に変更することをサポートします: tikv-ctl --host=ip:port modify-tikv-config -m server -n gc.max_write_bytes_per_sec -v 10MB #5957
  • デッドロック検出器#5965の圧力を下げるために、無駄なclean up要求を減らします。
  • 悲観的なロックの事前書き込み要求でTTLを削減しないようにする#6056
  • Titan1でblobファイルの欠落が発生する可能性がある問題を修正し#5968
  • Titan3でRocksDBOptionsが有効にならない可能性がある問題を修正し#6009

PD

  • 各フィルターにActOn次元を追加して、各スケジューラーとチェッカーがフィルターの影響を受けることを示し、2つの未使用のフィルター( disconnectFilterrejectLeaderFilter #1911 )を削除します。
  • PD #1867でタイムスタンプを生成するのに5ミリ秒以上かかる場合は、警告ログを印刷します
  • 使用できないエンドポイントをクライアントに渡すときにクライアントログレベルを下げる#1856
  • gRPCメッセージパッケージがregion_syncerレプリケーションプロセスで最大サイズを超える可能性があるという問題を修正します#1952

ツール

  • TiDB Binlog
    • Drainer #788initial-commit-tsが「-1」に設定されている場合、PDから初期レプリケーションタイムスタンプを取得します
    • DrainerのCheckpointのストレージをダウンストリームから切り離し、MySQLまたはローカルファイルへのCheckpointの保存をサポートします#790
    • レプリケーションデータベース/テーブルフィルタリングを構成するときに空の値を使用することによって引き起こされるDrainerpanicの問題を修正します#801
    • DrainerがDrainerファイルをダウンストリームに適用できないためにpanicが発生した後にプロセスが終了するのではなくデッドロック状態になる問題を修正します#807
    • gRPCのGracefulStopが原因でPumpが終了時にブロックする問題を修正し#817
    • TiDB(v3.0.6以降)でDROP COLUMNステートメントの実行中に列を見逃したbinlogを受信すると、 Drainerが失敗する問題を修正します#827
  • TiDB Lightning
    • TiDBバックエンド#248max-allowed-packetの構成(デフォルトでは64 M)を追加します
このページの内容