重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB3.0.3リリースノート

発売日:2019年8月29日

TiDBバージョン:3.0.3

TiDB Ansibleバージョン:3.0.3

TiDB

  • SQLオプティマイザー
    • opt_rule_blacklistテーブルを追加して、 aggregation_eliminate#11658などのロジック最適化ルールを無効にしcolumn_prune
    • 結合キーが負の値#11759に等しいプレフィックスインデックスまたは符号なしインデックス列を使用すると、 Index Joinに対して誤った結果が返される可能性がある問題を修正します。
    • create … binding ...SELECTのステートメントのつまたは\が解析エラーになる可能性があるという問題を修正します#11726
  • SQL実行エンジン
    • Quote関数がnull値を処理するときに戻り値のタイプエラーが発生する可能性がある問題を修正します#11619
    • NotNullFlagが保持された状態で最大/最小が型推論に使用された場合にifnullの誤った結果が返される可能性がある問題を修正します#11641
    • 文字列形式#11660のビットタイプデータを比較するときに発生する可能性のあるエラーを修正します
    • シーケンシャル読み取りが必要なデータの同時実行性を減らして、 #11679の可能性を減らします。
    • 一部の組み込み関数( ifcoalesceなど)で複数のパラメーターが署名されていない場合に、誤った型の推測が発生する可能性がある問題を修正します#11621
    • Div関数が符号なし10進型を処理する場合のMySQLとの非互換性を修正します#11813
    • Pump/Drainer#11827のステータスを変更するSQLステートメントを実行するときにpanicが発生する可能性がある問題を修正します
    • Autocommit = 1で、 beginステートメントがない場合にselect ... for updateでpanicが発生する可能性がある問題を修正します#11736
    • set default roleステートメントの実行時に発生する可能性のある権限チェックエラーを修正します#11777
    • create userまたはdrop userを実行したときに発生する可能性のある権限チェックエラーを修正します#11814
    • select ... for updateステートメントがPointGetExecutor関数#11718に組み込まれると、自動再試行される可能性がある問題を修正します。
    • Window関数がパーティション#11825を処理するときに発生する可能性のある境界エラーを修正します
    • 誤ってフォーマットされた引数#11893を処理するときにtime関数がEOFエラーに遭遇する問題を修正します
    • ウィンドウ関数が渡されたパラメーターをチェックしない問題を修正します#11705
    • Explainを介して表示された計画結果が、実際に実行された計画#11186と矛盾する問題を修正します。
    • ウィンドウ関数によって参照される重複メモリがクラッシュまたは誤った結果をもたらす可能性がある問題を修正します#11823
    • 遅いログ#11887Succフィールドの誤った情報を更新します
  • サーバ
    • tidb_back_off_wexight変数の名前を#11665に変更しtidb_backoff_weight
    • 現在のTiDBと互換性のある最小TiKVバージョンを#11618に更新します。
    • テストの#11685が正しく使用されていることを確認するためのサポートmake testSuite
  • DDL
    • 複数のパーティションを削除するときにパーティションタイプを変更するステートメントを含む、サポートされていないパーティション関連のDDLステートメントの実行をスキップします#11373
    • 生成されたカラムをその依存列の前に配置することを禁止する#11686
    • tidb_ddl_reorg_worker_cnt#11874のデフォルト値を変更しtidb_ddl_reorg_batch_size
  • モニター
    • 新しいバックオフ監視タイプを追加して、各バックオフタイプの期間を記録します。コミットバックオフ#11728など、以前はカウントされていなかったタイプをカバーするために、バックオフメトリックを追加します。

TiKV

  • コンテキストが重複しているためにReadIndexがリクエストに応答できない可能性がある問題を修正します#5256
  • 時期尚早のPutStoreによって引き起こされる潜在的なスケジューリングジッターを修正し#5277
  • リージョンハートビートから報告された誤ったタイムスタンプを修正#5296
  • 共有ブロックキャッシュをコアダンプから除外することにより、コアダンプのサイズを削減します#5322
  • リージョンマージ中の潜在的なTiKVパニックを修正#5291
  • デッドロック検出器のリーダー変更チェックを高速化#5317
  • grpc envを使用したデッドロッククライアントの作成のサポート#5346
  • config-checkを追加して、構成が正しいかどうかを確認します#5349
  • リーダーがない場合にReadIndexが何も返さない問題を修正します#5351

PD

  • #1685の成功メッセージを返しpdctl

ツール

  • TiDB Binlog
    • Drainerのデフォルト値defaultBinlogItemCountを65536から512に変更して、 Drainerの起動時にOOMが発生する可能性を減らします#721
    • 潜在的なオフライン輻輳を回避するために、ポンプサーバーのオフラインロジックを最適化する#701
  • TiDB Lightning:
    • information_schemaをインポートする場合、デフォルトでシステムデータベースmysql 、およびperformance_schemaをスキップしsys #225

TiDB Ansible

  • 安定性を向上させるためにローリングアップデート用にPD操作を最適化する#894
  • 現在のGrafanaバージョン#892でサポートされていないGrafanaCollectorコンポーネントを削除します
  • TiKVアラートルールの更新#898
  • 生成されたTiKV構成がpessimistic-txnパラメーター#911を見逃す問題を修正します
  • SparkをV2.4.3に更新し、 #918をSpark V2.4.3 #913と互換性のあるV2.1.4に更新します。
このページの内容