重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB3.0.2リリースノート

発売日:2019年8月7日

TiDBバージョン:3.0.2

TiDB Ansibleバージョン:3.0.2

TiDB

  • SQLオプティマイザー
    • 同じテーブルがクエリで複数回発生し、論理的にクエリ結果が常に空である場合に「スキーマに列が見つかりません」というメッセージが報告される問題を修正します#11247
    • TIDB_INLJヒントが正しく機能しない場合( explain select /*+ TIDB_INLJ(t1) */ t1.b, t2.a from t t1, t t2 where t1.b = t2.aなど)が原因でクエリプランが期待を満たさないという問題を修正します#11362
    • クエリ結果の列名が間違っている場合がある( SELECT IF(1,c,c) FROM tなど)問題を修正します#11379
    • LIKE式が暗黙的に0に変換される場合があるため、 SELECT 0 LIKE 'a string'などの一部のクエリがTRUEを返す問題を修正します#11411
    • SHOW COLUMNS FROM tbl WHERE FIELDS IN (SELECT 'a') #11459のように、 SHOWステートメントでサブクエリをサポートします
    • 集計関数の関連する列が見つからず、 outerJoinEliminationの最適化ルールが列エイリアスを正しく処理しないためにエラーが報告されるという問題を修正します。最適化プロセスでのエイリアス解析を改善して、最適化がより多くのクエリタイプをカバーできるようにします#11377
    • ウィンドウ関数で構文制限に違反した場合にエラーが報告されない問題を修正します(たとえば、フレーム定義の最後にUNBOUNDED PRECEDINGを表示することは許可されていません) #11543
    • MySQL #11535との非互換性を引き起こす、 ERROR 3593 (HY000): You cannot use the window function FUNCTION_NAME in this contextエラーメッセージのFUNCTION_NAMEが大文字であるという問題を修正します。
    • Window関数で実装されていないIGNORE NULLS構文が使用されているが、エラーが報告されないという問題を修正します#11593
    • オプティマイザーが時間と等しい条件を正しく推定しない問題を修正します#11512
    • フィードバック情報に基づくTop-N統計の更新をサポート#11507
  • SQL実行エンジン
    • INSERT関数のパラメーター#11248NULLが含まれている場合、戻り値がNULLにならない問題を修正します。
    • ADMIN CHECKSUM操作#11266でパーティションテーブルをチェックすると、計算結果が間違っている可能性がある問題を修正します。
    • INDEXJOINがプレフィックスインデックス#11246を使用すると結果が間違っている可能性がある問題を修正します
    • DATE_ADD関数がマイクロ秒#11288を含む日付番号で減算を行うときに、分数を誤って整列することによって結果が間違っている可能性があるという問題を修正します。
    • DATE_ADD関数が#11325の負の数を誤って処理することによって引き起こされる間違った結果を修正しINTERVAL
    • Mod(%) 、またはMultiple(*)が0を返し、小数桁の数が多い( Minus(-)など) #11251Mod(%) 、またはMultiple(*)によって返される小数桁の数がMySQLの場合と異なる問題を修正しMinus(-) select 0.000 % 0.11234500000000000000
    • CONCAT関数とCONCAT_WS関数によって返される結果の長さが#11275を超えると、警告付きのNULLが誤って返される問題を修正しmax_allowed_packet
    • SUBTIMEおよびADDTIME関数のパラメーターが無効な場合に警告付きのNULLが誤って返される問題を修正します#11337
    • CONVERT_TZ関数のパラメーターが無効な場合にNULLが誤って返される問題を修正します#11359
    • EXPLAIN ANALYZEによって返される結果にMEMORY列を追加して、このクエリのメモリ使用量を示します#11418
    • #11429の結果にCARTESIAN結合を追加しEXPLAIN
    • float型とdouble型の自動インクリメント列の誤ったデータを修正します#11385
    • 疑似統計がダンプされたときにいくつかの情報によって引き起こされるpanicの問題を修正し#11460 nil
    • 定数畳み込みの最適化によって引き起こされるSELECT … CASE WHEN … ELSE NULL ...の誤ったクエリ結果を修正します#11441
    • floatStrToIntStr#11473などの入力を正しく解析しない問題を修正し+999.9999e2
    • DATE_ADDDATE_SUBの関数の結果がオーバーフローしたときにNULLが返されない場合があるという問題を修正します#11476
    • 長い文字列を整数#11469に変換するときに文字列に無効な文字が含まれていると、変換結果がMySQLの結果と異なる問題を修正します。
    • この関数の大文字と小文字の区別が原因で、 REGEXP BINARY関数の結果がMySQLと互換性がないという問題を修正します#11504
    • GRANT ROLEステートメントがCURRENT_ROLEを受け取ったときにエラーが報告される問題を修正します。 REVOKE ROLEステートメントがmysql.default_role特権を正しく取り消さないという問題を修正します#11356
    • SELECT ADDDATE('2008-01-34', -1)のようなステートメントを実行するときのIncorrect datetime value警告情報の表示形式の問題を修正し#11447
    • JSONデータのfloatフィールドが整数#11534に変換されたときに結果がオーバーフローした場合、エラーメッセージがconstant … overflows bigintではなくconstant … overflows floatを報告する問題を修正します。
    • DATE_ADD関数がFLOAT 、およびDOUBLE列パラメーターを受け取ったときに誤った型変換が原因で結果が間違っている可能性があるという問題を修正し#11527 DECIMAL
    • DATE_ADD関数#11615のINTERVAL分数の符号を誤って処理することによって引き起こされる誤った結果を修正します。
    • Rangerがプレフィックスインデックス#11565を正しく処理しないために発生したプレフィックスインデックスがインデックスルックアップ結合に含まれている場合の、誤ったクエリ結果を修正します。
    • NAME_CONSTの2番目のパラメーターが負の数#11268のときにNAME_CONST関数が実行されると、「NAME_CONSTへの引数が正しくありません」というメッセージが報告される問題を修正します。
    • SQLステートメントに現在時刻の計算が含まれ、値が複数回フェッチされる場合、結果がMySQLと互換性がないという問題を修正します。同じSQLステートメントの現在時刻をフェッチするときに同じ値を使用する#11394
    • baseExecutorつのうちCloseがエラーを報告したときに、 CloseChildExecutorに対して呼び出されないという問題を修正します。この問題は、 KILLのステートメントが有効にならず、 ChildExecutorが閉じられていない場合、Goroutineリークにつながる可能性があります#11576
  • サーバ
    • LOAD DATAがCSVファイル#11250の欠落しているTIMESTAMPフィールドを処理するときに、自動追加値が現在のタイムスタンプではなく0になる問題を修正します。
    • SHOW CREATE USERステートメントが関連する特権を正しくチェックせず、 SHOW CREATE USER CURRENT_USER()によって返されるUSERHOSTが間違っている可能性があるという問題を修正します#11229
    • JDBC #11290executeBatchを使用すると、返される結果が間違っている可能性があるという問題を修正します。
    • TiKVサーバーのポートを変更するときにストリーミングクライアントのログ情報の印刷を減らす#11370
    • ストリーミングクライアントをTiKVサーバーに再接続するロジックを最適化して、ストリーミングクライアントが長期間ブロックされないようにします#11372
    • INFORMATION_SCHEMA.TIDB_HOT_REGIONSREGION_ID#11350
    • PD APIからリージョン情報を取得するタイムアウト期間をキャンセルして、リージョン数が多い場合のPDタイムアウトが原因でhttp://{TiDBIP}:10080/regions/hotが呼び出されたときにリージョン情報の取得が失敗しないようにします#11383
    • リージョン関連のリクエストがHTTPAPI1でパーティション化されたテーブル関連のリージョンを返さない問題を修正し#11466
    • ユーザーがペシミスティックロックを手動で検証するときに、操作が遅いためにロックタイムアウトが発生する可能性を減らすために、次の変更を行います#11521
      • ペシミスティックロックのデフォルトTTLを30秒から40秒に増やします
      • 最大TTLを60秒から120秒に増やします
      • 最初のLockKeysのリクエストから悲観的なロック期間を計算します
    • TiKVクライアントのSendRequestの機能ロジックを変更します。接続を確立できないときに待機するのではなく、すぐに別のピアに接続してみてください#11531
    • リージョンキャッシュの最適化:別のストアが同じアドレスでオンラインになっているときにストアが移動された場合、削除されたストアに無効のラベルを付けて、キャッシュ内のストア情報をできるだけ早く更新します#11567
    • http://{TiDB_ADDRESS:TIDB_IP}/mvcc/key/{db}/{table}/{handle}によって返される結果にリージョンIDを追加し#11557
    • ScatterTableAPIがRangeキーをエスケープしないためにScatterTableが機能しない問題を修正します#11298
    • リージョンキャッシュを最適化する:コレスポンデントストアにアクセスできない場合、リージョンが存在するストアに無効のラベルを付けて、このストアへのアクセスによるクエリパフォーマンスの低下を回避します#11498
    • 同じ名前のデータベースを複数回ドロップした後でも、HTTPAPIを介してテーブルスキーマを取得できるというエラーを修正します#11585
  • DDL
    • 長さがゼロの非文字列列にインデックスが付けられているときにエラーが発生する問題を修正します#11214
    • 外部キー制約とフルテキストインデックスを使用した列の変更を禁止します(注:TiDBは、構文で外部キー制約とフルテキストインデックスを引き続きサポートします) #11274
    • ALTER TABLEステートメントによって変更された位置と列のデフォルト値が同時に使用されるため、列のインデックスオフセットが間違っている可能性がある問題を修正します#11346
    • JSONファイルの解析時に発生する2つの問題を修正します。
      • int64uint64の中間解析結果として使用され、精度オーバーフローエラーConvertJSONToFloatにつながり#11433
      • int64uint64の中間解析結果として使用され、精度オーバーフローエラーConvertJSONToIntにつながり#11551
    • 自動インクリメント列が誤った結果を取得する可能性を回避するために、自動インクリメント列へのインデックスの削除を禁止します#11399
    • 次の問題を修正します#11492
      • 照合順序を明示的に指定する場合、文字セットと列の照合順序は一貫していませんが、文字セットは指定していません
      • ALTER TABLE … MODIFY COLUMNで指定された文字セットと照合順序の間に競合がある場合、エラーは正しく報告されません。
      • ALTER TABLE … MODIFY COLUMNを使用して文字セットと照合を複数回指定する場合のMySQLとの非互換性
    • サブクエリのトレースの詳細をTRACEのクエリの結果に追加します#11458
    • 実行ADMIN CHECK TABLEのパフォーマンスを最適化し、実行時間を大幅に短縮します#11547
    • SPLIT TABLE … REGIONS/INDEXによって返された結果を追加し、 TOTAL_SPLIT_REGIONSCATTER_FINISH_RATIOに、タイムアウト前に正常に分割されたリージョンの数を結果#11484に表示させます。
    • ON UPDATE CURRENT_TIMESTAMPが列属性であり、浮動小数点精度が指定されている場合、 SHOW CREATE TABLEなどのステートメントによって表示される精度が不完全であるという問題を修正します#11591
    • 仮想生成列の式に別の仮想生成列が含まれている場合、列のインデックス結果を正しく計算できない問題を修正します#11475
    • ALTER TABLE … ADD PARTITION …ステートメント#11581VALUE LESS THANの後にマイナス記号を追加できない問題を修正します。
  • モニター
    • TiKVTxnCmdCounterモニタリングメトリックが登録されていないためにデータが収集および報告されない問題を修正します#11316
    • バインド情報BindMemoryUsage BindUsageCounter BindTotalGaugeメトリックを追加し#11467

TiKV

  • Raftログが時間#5160に書き込まれない場合、TiKVがパニックになるバグを修正します。
  • TiKVパニック後にpanic情報がログファイルに書き込まれないバグを修正します#5198
  • 悲観的なトランザクションで挿入操作が正しく実行されない可能性があるバグを修正します#5203
  • INFO1への手動介入を必要としない一部のログの出力レベルを下げ#5193
  • ストレージエンジンのサイズ#5200の監視の精度を向上させる
  • tikv-ctl1のリージョンサイズの精度を向上させ#5195
  • 悲観的ロックのデッドロック検出器のパフォーマンスを向上させる#5192
  • TitanストレージエンジンのGCのパフォーマンスを向上させる#5197

PD

  • 散布リージョンスケジューラが機能しないバグを修正します#1642
  • pd- #1653でリージョンのマージ操作を実行できないバグを修正します。
  • pd- #1651でtombstoneの削除操作を実行できないバグを修正しました
  • リージョンのスキャン操作を実行すると、キースコープと重複するリージョンが見つからない問題を修正します#1648
  • 再試行メカニズムを追加して、メンバーがPD1に正常に追加されていることを確認し#1643

ツール

TiDB Binlog

  • 起動時に構成アイテムチェック機能を追加します。これにより、 Binlogサービスが停止し、無効なアイテムが見つかったときにエラーが報告されます#687
  • Drainerにnode-idの構成を追加して、 Drainerで使用される特定のロジックを指定し#684

TiDB Lightning

  • 2つのチェックサムが同時に実行されているときにtikv_gc_life_timeが元の値に戻されないという問題を修正します#218
  • 起動時に構成アイテムチェック機能を追加します。これにより、 Binlogサービスが停止し、無効なアイテムが見つかったときにエラーが報告されます#217

TiDB Ansible

  • ディスクパフォーマンスモニターが秒をミリ秒として扱う単位エラーを修正#840
  • Spark3にlog4jの構成ファイルを追加し#841
  • Binlogが有効で、KafkaまたはZooKeeperが構成されている場合に、Prometheus構成ファイルが間違った形式で生成される問題を修正します#844
  • 生成されたTiDB構成ファイル#850pessimistic-txn構成パラメーターが省略される問題を修正します。
  • TiDBダッシュボード#853でメトリックを追加および最適化する
  • TiDBダッシュボードに各監視項目の説明を追加する#854
  • TiDBサマリーダッシュボードを追加して、クラスタステータスをより適切に表示し、問題のトラブルシューティングを行います#855
  • TiKVダッシュボード#857のアロケータ統計監視項目を更新します。
  • ノードエクスポータのアラート式#860のユニットエラーを修正します。
  • TiSparkjarパッケージを#862にアップグレードします。
  • Ansibleタスク機能の説明を更新する#867
  • TiDBダッシュボード#874のローカルリーダーリクエスト監視項目の式を更新します。
  • 概要ダッシュボードのTiKVメモリ監視項目の表現を更新し、誤って表示される監視の問題を修正します#879
  • KafkaモードでBinlogサポートを削除する#878
  • rolling_update.yml操作の実行時にPDがリーダーの転送に失敗する問題を修正します#887
このページの内容