重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB3.0.15リリースノート

発売日:2020年6月5日

TiDBバージョン:3.0.15

新機能

  • TiDB

    • パーティションテーブルでのクエリを禁止して、プランキャッシュ機能を使用する#16759
    • パーティションテーブルでadmin recover indexおよびadmin check index #17390をサポートする#17315
    • Rangeパーティションテーブル#17318in条件のパーティションプルーニングをサポートします。
    • SHOW CREATE TABLEの出力を最適化し、パーティション名#16315に引用符を追加します。
    • GROUP_CONCAT関数#16988ORDER BY節をサポートします。
    • CMSketch統計のメモリ割り当てメカニズムを最適化して、パフォーマンス#17543に対するガベージコレクション(GC)の影響を減らします。
  • PD

    • PDがリーダーの数に関してスケジューリングを実行するポリシーを追加します#2479

バグの修正

  • TiDB

    • ディープコピーを使用して、 Hash集計関数のenum型とset型のデータをコピーします。正しさの問題を修正する#16890
    • 整数オーバーフロー#16753の処理ロジックが間違っているために、 PointGetが誤った結果を返す問題を修正します。
    • クエリ述語#16557CHAR()関数が使用されている場合に、誤った処理ロジックによって引き起こされる誤った結果の問題を修正します。
    • IsTrue関数とIsFalse関数のストレージレイヤーと計算レイヤーでの一貫性のない結果の問題を修正します#16627
    • #16993などの一部の式の誤ったNotNullフラグを修正しcase when
    • 一部のシナリオでオプティマイザーがTableDualの物理プランを見つけられないという問題を修正します#17014
    • パーティション選択の構文がハッシュパーティションテーブル#17051で正しく有効にならない問題を修正します。
    • XORが浮動小数点数#16976で動作する場合の、TiDBとMySQL間の一貫性のない結果を修正します。
    • 準備された方法でDDLステートメントを実行するときに発生するエラーを修正します#17415
    • IDアロケータ#17548でバッチサイズを計算する誤った処理ロジックを修正します
    • 時間が高価なしきい値を超えたときにMAX_EXEC_TIMEヒントが有効にならない問題を修正します#17534
  • TiKV

    • 長時間実行した後、メモリの最適化が効果的でない問題を修正します#7790
    • TiKVが誤って再起動された後にスナップショットファイルを誤って削除することによって引き起こされるpanicの問題を修正します#7925
    • メッセージパッケージが大きすぎるために発生するgRPCの切断を修正します#7822
このページの内容