重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB3.0.11リリースノート

発売日:2020年3月4日

TiDBバージョン:3.0.11

TiDB Ansibleバージョン:3.0.11

警告

このバージョンにはいくつかの既知の問題があり、これらの問題は新しいバージョンで修正されています。最新の3.0.xバージョンを使用することをお勧めします。

互換性の変更

  • TiDB
    • max-index-lengthの構成アイテムを追加して、最大インデックス長を制御します。これは、3.0.7より前のバージョンのTiDBまたは#15057の動作と互換性があります。

新機能

  • TiDB

    • information_schema.PARTITIONSつのテーブルにパーティション化されたテーブルのメタ情報を表示することをサポート#14849
  • TiDB Binlog

    • #909クラスター間の双方向データレプリケーションをサポート#884
  • TiDB Lightning

  • TiDB Ansible

    • 制御マシンのユーザーが#1184と一致している必要がないように、 create_users.ymlのロジックを変更しansible_user

バグの修正

  • TiDB

    • Unionを使用するクエリは読み取り専用#15076としてマークされないため、楽観的なトランザクションを再試行するときのGoroutineリークの問題を修正します。
    • SET SESSION tidb_snapshot = 'xxx';ステートメント#14391の実行時にtidb_snapshotパラメーターの値が正しく使用されないため、スナップショット時にSHOW TABLE STATUSがテーブルステータスを正しく出力できない問題を修正します。
    • Sort Merge JoinORDER BY DESCを同時に含むSQLステートメントによって引き起こされる誤った結果を修正します#14664
    • サポートされていない式を使用してパーティションテーブルを作成するときのTiDBサーバーのpanicを修正します。このpanicを修正すると、エラー情報This partition function is not allowedが返されます。 #14769
    • 35を含むUnionselect max() from subqueryステートメントを実行したときに発生した誤った結果を修正し#14944
    • DROP BINDINGの実行後にSHOW BINDINGSステートメントを実行するとエラーメッセージが返され、実行バインディング#14865が削除される問題を修正します。
    • クエリのエイリアスの最大長がMySQLプロトコルで256文字であるために接続が切断される問題を修正しますが、このプロトコル#14940に従ってクエリ結果でTiDBがエイリアスをカットになりません
    • DIVで文字列型を使用するときに発生する可能性がある誤ったクエリ結果を修正します。たとえば、 select 1 / '2007' div 1ステートメント#14098を正しく実行できるようになりました。
  • TiKV

    • 不要なログを削除してログ出力を最適化する#6657
    • 高負荷でピアが取り外されたときに発生する可能性のあるpanicを修正する#6704
    • 場合によっては休止状態のリージョンがウェイクアップされない問題を修正し#6738 #6732
  • TiDB Ansible

    • #1169で古いドキュメントリンクを更新しtidb-ansible
    • wait for region replication completeタスク#1173で未定義の変数が発生する可能性がある問題を修正します