重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB3.0.1リリースノート

発売日:2019年7月16日

TiDBバージョン:3.0.1

TiDB Ansibleバージョン:3.0.1

TiDB

  • MAX_EXECUTION_TIME機能#11026のサポートを追加します
  • tidb_wait_split_region_finish_backoffセッション変数を追加して、リージョン#11166の分割のバックオフ時間を制御します。
  • 負荷に基づいて自動インクリメントIDによって割り当てられたインクリメンタルギャップの自動調整をサポートし、インクリメンタルギャップの自動調整スコープは#11006です。
  • プラグインを動的に有効または無効にするADMIN PLUGINS ENABLE / ADMIN PLUGINS DISABLEステートメントを追加します#11157
  • 監査プラグイン#11013にセッション接続情報を追加します
  • リージョンを分割する期間中のデフォルトの動作を変更して、PDがスケジューリングを完了するのを待ちます#11166
  • 場合によっては誤った結果を回避するために、ウィンドウ関数がプランキャッシュの準備にキャッシュされないようにします#11048
  • 保存された生成列の定義を変更することからALTERステートメントを禁止する#11068
  • 仮想生成列を保存生成列に変更することを禁止する#11068
  • 生成された列式をインデックス#11068で変更することを禁止する
  • ARM64アーキテクチャでのTiDBのコンパイルのサポート#11150
  • データベースまたはテーブルの照合順序の変更をサポートしますが、データベース/テーブルの文字セットはUTF-8または#11086である必要があります。
  • UPDATE … SELECTステートメントのSELECTサブクエリがUPDATE式の列の解析に失敗し、列が誤ってプルーニングされた場合にエラーが報告される問題を修正します#11252
  • 列が複数回クエリされ、ポイントクエリ中に返された結果がNULLの場合に発生するpanicの問題を修正します#11226
  • RAND関数#11169を使用するときに非スレッドセーフrand.Randによって引き起こされるデータ競合の問題を修正します
  • SQLステートメントのメモリ使用量がしきい値を超えているが、 oom-action="cancel"が構成されている場合にこのステートメントの実行がキャンセルされず、返される結果が正しくないというバグを修正します#11004
  • MemTrackerのメモリ使用量が正しくクリーンアップされなかったためにSHOW PROCESSLISTがメモリ使用量が0ではないことを示す問題を修正します#10970
  • 整数と非整数を比較した結果が正しくない場合があるというバグを修正します#11194
  • テーブルパーティションのクエリに明示的なトランザクションの述語が含まれている場合にクエリ結果が正しくないというバグを修正します#11196
  • infoHandle#11022である可能性があるため、DDLジョブのpanicの問題を修正しNULL
  • クエリされた列がサブクエリで参照されておらず、ネストされた集計クエリの実行時に誤ってプルーニングされるため、クエリ結果が正しくない問題を修正します#11020
  • Sleep関数が時間#11028KILLステートメントに応答しない問題を修正します
  • SHOW PROCESSLISTコマンドで表示されるDB列とINFO列がMySQL7と互換性がないという問題を修正し#11003
  • skip-grant-table=trueが構成されている場合にFLUSH PRIVILEGESステートメントによって引き起こされるシステムpanicの問題を修正します#11027
  • テーブルの主キーがUNSIGNED整数#11099の場合、 FAST ANALYZEによって収集された主キーの統計が正しくない問題を修正します。
  • 「無効なキー」エラーがFAST ANALYZEステートメントによって報告される場合があるという問題を修正します#11098
  • 列のデフォルト値としてCURRENT_TIMESTAMPが使用され、浮動小数点精度が指定されている場合、 SHOW CREATE TABLEステートメントによって示される精度が不完全であるという問題を修正します#11088
  • ウィンドウ関数がエラーを報告するときに関数名が小文字にならない問題を修正して、 #11118と互換性を持たせる
  • TiDBがTiKVに接続できず、TiKVクライアントバッチgRPCのバックグラウンドスレッドがパニックになった後、サービスを提供できないという問題を修正します#11101
  • 文字列#11044のコピーが浅いため、変数がSetVarだけ正しく設定されない問題を修正します。
  • INSERT … ON DUPLICATEステートメントがテーブルパーティション#11231に適用されると、実行が失敗し、エラーが報告されるという問題を修正します。
  • 悲観的ロック(実験的特徴)
    • 悲観的ロックを使用してポイントクエリが実行され、返されたデータが空の場合に、行の無効なロックが原因で誤った結果が返される問題を修正します#10976
    • クエリ#11015でペシミスティックロックを使用するときにSELECT … FOR UPDATEが正しいTSOを使用しないため、クエリ結果が正しくないという問題を修正します。
    • ロックの競合が悪化しないように、検出動作を即時の競合検出から楽観的なトランザクションが悲観的なロックに遭遇したときの待機に変更します#11051

TiKV

  • 統計情報#5060にblobファイルのサイズの統計を追加します
  • プロセスが終了するときに誤ってクリーンアップされたメモリリソースによって引き起こされるコアダンプの問題を修正します#5053
  • Titanエンジン#4772に関連するすべての監視メトリックを追加し#4836
  • ファイルハンドルの統計が不正確であるためにファイルハンドルが使用できないという問題を回避するために、開いているファイルハンドルの数をカウントするときに、Titanの開いているファイルハンドルの数を追加します#5026
  • blob_run_modeを設定して、特定の#4991でTitanエンジンを有効にするかどうかを決定します。
  • 読み取り操作がペシミスティックトランザクションのコミット情報を取得できない問題を修正します#5067
  • blob-run-mode構成パラメーターを追加して、Titanエンジンの実行モードを制御し#4865 。その値は、 normal 、またはread-onlyになりfallback
  • デッドロックの検出パフォーマンスを向上させる#5089

PD

  • PDがホットリージョン#1552をスケジュールすると、スケジュール制限が自動的に0に調整される問題を修正します。
  • etcd #1596のgRPCゲートウェイ機能を有効にするには、 enable-grpc-gatewayの構成オプションを追加します
  • スケジューラー構成hot-region-schedule-limit store-balance-rateその他の統計を追加し#1601
  • ホットリージョンのスケジューリング戦略を最適化し、スケジューリング中にレプリカが不足しているリージョンをスキップして、複数のレプリカが同じ#1609にスケジュールされないようにします。
  • リージョンのマージ処理ロジックを最適化し、小さいサイズのリージョンのマージを優先して、リージョンのマージを高速化することをサポートします#1613
  • 一度にホットリージョンスケジューリングのデフォルト制限を64に調整して、あまりにも多くのスケジューリングタスクがシステムリソースを占有してパフォーマンスに影響を与えないようにします#1616
  • リージョンのスケジューリング戦略を最適化し、 Pendingステータス#1617のリージョンのスケジューリングに高い優先順位を与えることをサポートします。
  • random-mergeadmin-merge-regionの演算子を追加できない問題を修正します#1634
  • ログのリージョンキーの形式を16進表記に調整して、見やすくします#1639

ツール

TiDB Binlog

  • Pump GC戦略を最適化し、消費されていないbinlogをクリーンアップできないという制限を取り除き、リソースが長期間使用されないようにします#646

TiDB Lightning

  • SQLダンプで指定された列名が小文字#210でない場合に発生するインポートエラーを修正します

TiDB Ansible

  • ansibleコマンドとそのjmespathおよびjinja2の依存関係パッケージ#803の事前チェック機能を追加し#813
  • 使用可能なディスク容量がパラメーター値#806未満の場合に、 Pumpにbinlogファイルの書き込みを停止するには、 Pumpにstop-write-at-available-spaceパラメーター(デフォルトでは10 GiB)を追加します。
  • TiKV監視情報のI/O監視項目を更新し、新しいバージョン#820の監視コンポーネントと互換性を持たせる
  • PD監視情報を更新し、ディスクパフォーマンスダッシュボードでディスクレイテンシーが空であるという異常を修正します#817
  • TiKV詳細ダッシュボードにTitanの監視項目を追加する#824
このページの内容