重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB3.0.0-rc.3リリースノート

発売日:2019年6月21日

TiDBバージョン:3.0.0-rc.3

TiDB Ansibleバージョン:3.0.0-rc.3

概要

2019年6月21日、TiDB3.0.0-rc.3がリリースされました。対応するTiDBAnsibleのバージョンは3.0.0-rc.3です。このリリースでは、TiDB 3.0.0-rc.2と比較して、安定性、使いやすさ、機能、SQLオプティマイザー、統計、および実行エンジンが大幅に改善されています。

TiDB

  • SQLオプティマイザー

    • 仮想生成された列統計を収集する機能を削除する#10629
    • ポイントクエリ中に主キー定数がオーバーフローする問題を修正#10699
    • fast analyzeで初期化されていない情報を使用するとpanic#10691が発生する問題を修正します
    • prepareを使用してcreate viewステートメントを実行すると、列情報が間違っているためにpanicが発生する問題を修正します#10713
    • ウィンドウ関数を処理するときに列情報が複製されない問題を修正します#10720
    • インデックス結合#10854での内部テーブル選択の選択率の誤った推定を修正しました
    • stats-lease変数値が#10811の場合、自動ロード統計をサポートします
  • 実行エンジン

    • StreamAggExec #10636Close関数を呼び出すと、リソースが正しく解放されない問題を修正します。
    • パーティションテーブル#10689に対してshow create tableステートメントを実行した結果、 table_optionpartition_optionsの順序が正しくない問題を修正します。
    • 逆順でスキャンデータをサポートすることにより、 admin show ddl jobsのパフォーマンスを向上させます#10687
    • このステートメントにcurrent_userフィールド#10684がある場合、RBACのshow grantsステートメントの結果がMySQLの結果と互換性がないという問題を修正します。
    • UUIDが複数のノードで重複する値を生成する可能性がある問題を修正します#10712
    • #10635show view特権が考慮されない問題を修正しexplain
    • ホットスポットの問題を軽減するために、テーブルリージョンを手動で分割するsplit table regionステートメントを追加します#10765
    • ホットスポットの問題を軽減するためにインデックスリージョンを手動で分割するsplit index regionステートメントを追加します#10764
    • create userなどの複数のステートメントを連続#10737て実行する場合の誤った実行の問題を修正しrevoke grant
    • 式をコプロセッサー#10791にプッシュダウンすることを禁止するブロックリストを追加します
    • クエリがメモリ構成の制限を超えたときにexpensive queryログを出力する機能を追加します#10849
    • bind-info-leaseの構成アイテムを追加して、変更されたバインディング実行プラン#10727の更新時間を制御します。
    • execdetails.ExecDetailsポインター#10832が原因で、コプロセッサーリソースを迅速に解放できなかったために発生した、同時発生率の高いシナリオでのOOMの問題を修正します。
    • 場合によってはkillステートメントによって引き起こされるpanicの問題を修正します#10876
  • サーバ

    • GC1の修復時にゴルーチンがリークする可能性がある問題を修正し#10683
    • 遅いクエリでのhost情報の表示のサポート#10693
    • #10632と相互作用するアイドルリンクの再利用をサポート
    • RBAC3でskip-grant-tableオプションを有効にするためのサポートを修正し#10738
    • pessimistic-txnの構成が無効になる問題を修正します#10825
    • アクティブにキャンセルされたticlientリクエストがまだ再試行される問題を修正します#10850
    • 悲観的なトランザクションが楽観的なトランザクションと競合する場合のパフォーマンスを向上させる#10881
  • DDL

    • alter tableを使用して文字セットを変更するとblobタイプが変更される問題を修正します#10698
    • ホットスポットの問題を軽減するために、列にAUTO_INCREMENT属性が含まれている場合に、 SHARD_ROW_ID_BITSを使用して行IDを分散する機能を追加します#10794
    • alter tableステートメント#10808を使用して、保存された生成列の追加を禁止します。
    • DDLメタデータの無効な存続時間を最適化して、クラスタのアップグレード後にDDL操作が遅くなる期間を短縮します#10795

PD

  • enable-two-way-mergeつの構成アイテムを追加して、一方向のマージのみを許可します#1583
  • AddLightLearnerAddLightPeerのスケジューリング操作を追加して、リージョンスキャッターのスケジューリングを制限メカニズム#1563によって制限されないようにします。
  • システムの起動時にデータにレプリカレプリケーションが1つしかない可能性があるため、信頼性が不十分であるという問題を修正します#1581
  • 構成アイテムのエラーを回避するために構成チェックロジックを最適化する#1585
  • store-balance-rate構成の定義を、1分あたりに生成されるバランス演算子の数の上限に調整します#1591
  • ストアがスケジュールされた操作を生成できなかった可能性がある問題を修正します#1590

TiKV

  • エンジン

    • イテレータがステータスをチェックしないためにシステムで不完全なスナップショットが生成される問題を修正します#4936
    • 異常状態での停電後にスナップショットを受信するときにディスクへのデータのフラッシュの遅延によって引き起こされるデータ損失の問題を修正します#4850
  • サーバ

    • block-size構成の有効性を確認する機能を追加します#4928
    • READ_INDEX関連の監視メトリックを追加します#4830
    • GCワーカー関連の監視メトリックを追加する#4922
  • ラフトストア

    • ローカルリーダーのキャッシュが正しくクリアされない問題を修正します#4778
    • リーダーを転送してconfを変更すると、リクエストの遅延が増加する可能性があるという問題を修正し#4734
    • 古いコマンドが誤って報告される問題を修正します#4682
    • コマンドが長時間保留される可能性がある問題を修正します#4810
    • スナップショットファイルのディスクへの同期の遅延が原因で発生する停電後にファイルが破損する問題を修正し#4850 #4807
  • コプロセッサー

    • ベクトル計算でTop-Nをサポート#4827
    • ベクトル計算でStreamの集計をサポート#4786
    • ベクトル計算でAVGの集計関数をサポート#4777
    • ベクトル計算でFirstの集計関数をサポート#4771
    • ベクトル計算でSUMの集計関数をサポート#4797
    • ベクトル計算でMAX集計関数を#4837 MIN
    • ベクトル計算#4747Like式をサポートする
    • ベクトル計算#4849MultiplyDecimal式をサポートする
    • ベクトル計算でBitAnd BitXor#4724 BitOr
    • ベクトル計算#4808UnaryNot式をサポートする
  • 取引

    • ペシミスティックトランザクションでの非ペシミスティックロックの競合が原因でエラーが発生する問題を修正し#4883 #4801
    • 悲観的なトランザクションを有効にしてパフォーマンスを向上させた後、楽観的なトランザクションの不要な計算を減らします#4813
    • デッドロック状態でトランザクション全体がロールバック操作を必要としないようにするために、単一ステートメントのロールバックの機能を追加します#4848
    • 悲観的なトランザクション関連の監視項目を追加する#4852
    • ResolveLockLiteコマンドを使用して軽量ロックを解決し、深刻な競合が存在する場合のパフォーマンスを向上させることをサポートします#4882
  • tikv-ctl

    • より多くの異常状態のチェックをサポートするためにbad-regionsコマンドを追加します#4862
    • tombstoneコマンドを強制実行する機能を追加#4862
  • その他

    • dist_releaseのコンパイルコマンドを追加します#4841

ツール

  • TiDB Binlog
    • データの書き込みに失敗したときにPumpが戻り値をチェックしないことによって引き起こされる誤ったオフセットの問題を修正します#640
    • コンテナ環境でブリッジモードをサポートするために、 Drainerにadvertise-addrの構成を追加します#634
    • PumpにGetMvccByEncodeKey関数を追加して、トランザクションステータスのクエリを高速化します#632

TiDB Ansible

  • 監視項目を追加して、クラスタの最大QPS値を予測します(デフォルトでは「非表示」) #f5cfa4d