重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB2.1.9リリースノート

発売日:2019年5月6日

TiDBバージョン:2.1.9

TiDB Ansibleバージョン:2.1.9

TiDB

  • 符号なし型がオーバーフローした場合のMAKETIME関数の互換性を修正#10089
  • 場合によっては定数畳み込みによって引き起こされるスタックオーバーフローを修正します#10189
  • 場合によってはエイリアスが存在する場合のUpdateの特権チェックの問題を修正し#10326 #10157
  • #10197でメモリ使用量を追跡および制御する
  • 照合順序をutf8mb4_0900_ai_ciとして指定することを#10201
  • 主キーが符号なしタイプ#10209の場合のMAX関数の誤った結果の問題を修正します
  • 非厳密SQLモードでNULL値をNOTNULL列に挿入できる問題を修正します#10254
  • DISTINCT #10270に複数の列が存在する場合の、 COUNT関数の誤った結果の問題を修正します。
  • LOAD DATAが不規則なCSVファイルを解析するときに発生したpanicの問題を修正します#10269
  • Index Lookup Join #10244で外部結合キーと内部結合キーのタイプが一致しない場合は、オーバーフローエラーを無視します。
  • ステートメントが誤ってポイントと判断される問題を修正します-場合によっては#10299を取得します
  • 場合によっては、タイムタイプがタイムゾーンを変換しない場合の誤った結果の問題を修正します#10345
  • TiDB文字セットのケースが一貫していない場合があるという問題を修正します#10354
  • 演算子#9166によって返される行数の制御をサポートします
  • 遅いクエリログを改善する
    • 類似のSQL3を区別するためにSQL Digestを追加し#10093
    • 遅いクエリステートメントで使用される統計のバージョン情報を追加する#10220
    • 遅いクエリログ#10246にステートメントのメモリ消費量を表示する
    • コプロセッサー関連情報の出力形式を調整して、pt-query- #10300で解析できるようにします。
    • 遅いクエリステートメントの#文字の問題を修正#10275
    • 遅いクエリステートメントのメモリテーブルにいくつかの情報列を追加します#10317
    • トランザクションコミット時間を追加して、クエリログを遅くします#10310
    • 一部の時間形式がpt-query-digest1で解析できない問題を修正し#10323

PD

  • GetOperatorサービスをサポートする#1514

TiKV

  • リーダー#4604を転送する際の潜在的なクォーラムの変更を修正

ツール

  • TiDB Binlog
    • 主キー列のunsignedint型のデータがマイナス#574であるために、データ複製が中断される問題を修正します。
    • ダウンストリームがpbの場合は圧縮オプションを削除し、ダウンストリーム名をpbから#597に変更しfile
    • 2.1.7で導入されたReparoが間違ったUPDATEステートメントを生成するバグを修正します#576
  • TiDB Lightning
    • 列データのビットタイプがパーサーによって誤って解析されるバグを修正します#164
    • 行IDまたはデフォルトの列値#174を使用して、ダンプファイルに不足している列データを入力します
    • 一部のSSTファイルがインポートに失敗するが、それでも正常なインポート結果が返されるというインポーターのバグを修正します#4566
    • SSTファイルを#4607にアップロードする際のインポーターでの速度制限の設定をサポート
    • Importer RocksDB SST圧縮方法をlz4に変更して、CPU消費を削減します#4624
  • sync-diff-inspector
    • チェックポイント#227をサポート

TiDB Ansible

  • ドキュメントのリファクタリング#740に従って、 #741 -ansibleドキュメントのリンクを更新します。
  • inventory.iniファイルのenable_slow_query_logパラメータを削除し、デフォルトで低速クエリログを別のログファイルに出力します#742
このページの内容