重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB2.1.2リリースノート

2018年12月22日、TiDB2.1.2がリリースされました。対応するTiDBAnsible2.1.2もリリースされています。このリリースでは、TiDB 2.1.1と比較して、システムの互換性と安定性が大幅に向上しています。

TiDB

  • BinlogをKafkaバージョン#8747のTiDBBinlogと互換性を持たせる
  • ローリングアップデートでTiDBの終了メカニズムを改善する#8707
  • 場合によっては、生成された列のインデックスを追加することによって引き起こされるpanicの問題を修正します#8676
  • SQLステートメントにTIDB_SMJ Hintが存在する場合、オプティマイザーが最適なクエリプランを見つけられない場合があるという問題を修正します#8729
  • AntiSemiJoinが誤った結果を返す場合があるという問題を修正します#8730
  • utf8文字セット#8754の有効な文字チェックを改善します
  • トランザクション#8746で読み取り操作の前に書き込み操作を実行すると、時間タイプのフィールドが誤った結果を返す可能性がある問題を修正します。

PD

  • リージョンマージ#1377に関するリージョン情報の更新の問題を修正します

TiKV

  • DAYd )の単位で構成形式をサポートし、構成の互換性の問題を修正します#3931
  • Approximate Size Splitによって引き起こされる可能性のあるpanicの問題を修正し#3942
  • リージョンマージ#3822に関する2つの問題を修正し#3873

ツール

  • TiDB Lightning
    • TiDB2.1.0をLightningでサポートされる最小クラスタバージョンにします
    • #144で解析されたJSONデータを含むファイルのコンテンツエラーを修正しました
    • チェックポイントを使用してLightningを再起動した後にToo many open enginesが発生する問題を修正します
  • TiDB Binlog
    • DrainerがKafkaにデータを書き込む際のボトルネックを解消します
    • BinlogのKafkaバージョンをサポートする
このページの内容