重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB2.1.14リリースノート

発売日:2019年7月4日

TiDBバージョン:2.1.14

TiDB Ansibleバージョン:2.1.14

TiDB

  • 場合によっては列のプルーニングによって引き起こされる誤ったクエリ結果を修正します#11019
  • #11000db列とinfo列に誤って表示された情報を修正しshow processlist
  • SQLヒントおよびグローバル変数としてのMAX_EXECUTION_TIMEが機能しない場合があるという問題を修正します#10999
  • サポートは、負荷に基づいて自動インクリメントIDによって割り当てられたインクリメンタルギャップを自動的に調整します#10997
  • クエリが終了したときにMemTrackerDistsqlメモリ情報が正しくクリーンアップされない問題を修正します#10971
  • クエリのメモリ使用量を説明するために、 information_schema.processlistテーブルにMEM列を追加します#10896
  • max_execution_timeのグローバルシステム変数を追加して、クエリの最大実行時間を制御します#10940
  • サポートされていない集計関数の使用によって引き起こされるpanicを修正する#10911
  • load dataのステートメントが失敗した場合の最後のトランザクションの自動ロールバック機能を追加します#10862
  • OOMAction構成アイテムが35に設定されている場合、 Cancelが誤った結果を返す場合がある問題を修正し#11016
  • TiDBpanicの問題を回避するためにTRACEステートメントを無効にします#11039
  • コプロセッサー#10998への特定の関数のプッシュダウンを動的に有効/無効にするmysql.expr_pushdown_blacklistのシステムテーブルを追加します。
  • ANY_VALUE機能がONLY_FULL_GROUP_BYモードで機能しない問題を修正します#10994
  • 文字列タイプ#11043のユーザー変数を評価するときにディープコピーを実行しないことによって引き起こされる誤った評価を修正します

TiKV

  • Raftstoreメッセージを処理するときに空のコールバックの処理を最適化して、不要なメッセージの送信を回避します#4682

PD

  • 無効な構成項目#1577を読み取る場合は、ログ出力レベルをErrorからWarningに調整してください。

ツール

TiDB Binlog

  • Reparo
    • safe-modeの構成アイテムを追加し、このアイテムを有効にした後の重複データのインポートをサポートします#662
  • Pump
    • stop-write-at-available-spaceの構成アイテムを追加して、使用可能なbinlogスペースを制限します#659
    • LevelDBL0ファイルの数が#648のときにガベージコレクターが機能しないことがある問題を修正します
    • ログファイルを削除するアルゴリズムを最適化して、スペースの解放を高速化します#648
  • Drainer
    • ダウンストリーム#655BIT列の更新の失敗を修正します

TiDB Ansible

  • ansibleコマンドとそのjmespathおよびjinja2依存関係パッケージの事前チェック機能を追加します#807
  • Pumpにstop-write-at-available-spaceパラメーター(デフォルトでは10 GiB)を追加し、使用可能なディスク容量がパラメーター値#807未満になったら、 Pumpでのbinlogファイルの書き込みを停止します。
このページの内容