重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB2.1.10リリースノート

発売日:2019年5月22日

TiDBバージョン:2.1.10

TiDB Ansibleバージョン:2.1.10

TiDB

  • tidb_snapshotを使用して履歴データを読み取るときに一部の異常が原因で誤ったテーブルスキーマが発生する問題を修正します#10359
  • NOT関数が誤った読み取り結果を引き起こす場合があるという問題を修正します#10363
  • ReplaceまたはInsert on duplicate updateステートメント#10385Generated Columnの誤った動作を修正します。
  • DATE比較DATETIMEBETWEEN関数のバグを#10407
  • 遅いログの1行が長すぎると、 SLOW_QUERYのテーブルを使用して遅いログをクエリするときにエラーレポートが発生する問題を修正します#10412
  • DATETIME + INTERVALの結果がMySQLの結果と同じでない場合があるという問題を修正し#10418 #10416
  • うるう年の2月の無効な時間のチェックを追加します#10417
  • DDL所有者でのみ内部初期化操作の制限を実行して、クラスタ#10426を初期化するときに多数の競合エラーレポートを回避します。
  • 出力タイムスタンプ列のデフォルト値が#10337の場合、 DESCがMySQLと互換性がないという問題を修正しdefault current_timestamp on update current_timestamp
  • Updateステートメント#10439の特権チェック中にエラーが発生する問題を修正します。
  • RANGEの計算を間違えると、場合によってはCHAR列に間違った結果が生じる問題を修正します#10455
  • SHARD_ROW_ID_BITSを減らした後にデータが上書きされる可能性がある問題を修正し#9868
  • ORDER BY RAND()が乱数#10064を返さない問題を修正します
  • 小数の精度を変更するALTERステートメントを禁止する#10458
  • MySQL3とのTIME_FORMAT関数の互換性の問題を修正し#10474
  • PERIOD_ADDのパラメータの有効性を確認して#10430
  • TiDBの無効なYEAR文字列の動作がMySQL3の動作と互換性がないという問題を修正し#10493
  • ALTER DATABASE構文#10503をサポートします
  • 遅いクエリステートメント#10536;が存在しない場合、 SLOW_QUERYメモリエンジンがエラーを報告する問題を修正します。
  • パーティションテーブルのAdd index操作をキャンセルできない場合があるという問題を修正します#10533
  • OOMpanicが回復できない場合がある問題を修正します#10545
  • テーブルメタデータを書き換えるDDL操作のセキュリティを向上させる#10547

PD

  • リーダーの優先順位が有効にならない問題を修正します#1533

TiKV

  • 転送の失敗を回避するために、最近構成が変更されたリージョンでリーダーの転送を拒否する#4684
  • コプロセッサーメトリックの優先ラベルを追加する#4643
  • リーダー#4724の転送中に発生する可能性があったダーティリードの問題を修正します
  • CommitMergeがTiKVの再起動エラーを引き起こす場合があるという問題を修正します#4615
  • 不明なログを修正する#4730

ツール

  • TiDB Lightning
    • TiDB Lightningが#176へのデータ送信に失敗した場合の再試行機能を追加しimporter
  • TiDB Binlog
    • トラブルシューティングを容易にするためにPump貯蔵ログを最適化する#607

TiDB Ansible

  • TiDB Lightningの構成ファイルを更新し、 tidb_lightning_ctlのスクリプトを追加します#d3a4a368
このページの内容