重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB2.1GAリリースノート

2018年11月30日、TiDB2.1GAがリリースされました。このリリースの次の更新を参照してください。このリリースでは、TiDB 2.0と比較して、安定性、パフォーマンス、互換性、および使いやすさが大幅に向上しています。

TiDB

  • SQLオプティマイザー

    • 選択範囲Index Joinを最適化して、実行パフォーマンスを向上させます

    • 外側のテーブルの選択をIndex Joinに最適化し、行数の推定値が小さいテーブルを外側のテーブルとして使用します

    • 結合ヒントTIDB_SMJを最適化して、適切なインデックスが使用できない場合でもマージ結合を使用できるようにします

    • 結合ヒントTIDB_INLJを最適化して、結合する内部テーブルを指定します

    • 相関サブクエリを最適化し、フィルタをプッシュダウンし、インデックスの選択範囲を拡張して、一部のクエリの効率を桁違いに向上させます

    • UPDATEおよびDELETEステートメントでのインデックスヒントと結合ヒントの使用のサポート

    • より多くの関数のCEIL IS FALSEIS TRUE FLOOR ABS

    • IFおよびIFNULLの組み込み関数の定数畳み込みアルゴリズムを最適化します

    • EXPLAINステートメントの出力を最適化し、階層構造を使用して演算子間の関係を示します

  • SQLエグゼキュータ

    • すべての集計関数をリファクタリングし、 StreamおよびHashの集計演算子の実行効率を向上させます

    • 並列Hash Aggregate演算子を実装し、一部のシナリオでコンピューティングパフォーマンスを350%向上させます

    • 並列Project演算子を実装し、一部のシナリオでパフォーマンスを74%向上させます

    • Hash Joinの内部テーブルと外部テーブルのデータを同時に読み取り、実行パフォーマンスを向上させます。

    • REPLACE INTOステートメントの実行速度を最適化し、パフォーマンスをほぼ10倍向上させます

    • 時間データ型のメモリ使用量を最適化し、時間データ型のメモリ使用量を50%削減します

    • ポイント選択のパフォーマンスを最適化し、Sysbenchのポイント選択効率の結果を60%向上させます

    • ワイドテーブルの挿入または更新時のTiDBのパフォーマンスを20倍向上させます

    • 構成ファイル内の単一ステートメントのメモリー上限の構成をサポート

    • ハッシュ結合の実行を最適化します。結合タイプが内部結合または半結合であり、内部テーブルが空の場合、外部テーブルからデータを読み取らずに結果を返します。

    • EXPLAIN ANALYZEステートメントを使用して、実行時間や各演算子の返される行数などの実行時統計を確認することをサポートします。

  • 統計

    • 1日の特定の期間にのみ自動ANALYZE統計を有効にすることをサポート

    • クエリのフィードバックに従ってテーブル統計を自動的に更新することをサポートします

    • ANALYZE TABLE WITH BUCKETSステートメントを使用したヒストグラム内のバケット数の構成をサポート

    • 等式クエリと範囲クエリの混合クエリのヒストグラムを使用して、行数推定アルゴリズムを最適化します

    • 次の組み込み関数をサポートします。

      • json_contains

      • json_contains_path

      • encode/decode

  • サーバ

    • 競合するトランザクションのパフォーマンスを最適化するために、tidb-serverインスタンス内でローカルに競合するトランザクションのキューイングをサポートする

    • サーバー側カーソルのサポート

    • HTTP APIを追加します

      • TiKVクラスタのテーブル領域の分布を分散させる

      • general logを開くかどうかを制御します

      • オンラインでのログレベルの変更をサポート

      • TiDBクラスタ情報を確認してください

  • DDL

  • 互換性

    • より多くのMySQL構文をサポートする

    • BIT集計関数がALLパラメーターをサポートするようにします

    • SHOW PRIVILEGESのステートメントをサポートする

    • LOAD DATAステートメントでCHARACTER SET構文をサポートする

    • CREATE USERステートメントでIDENTIFIED WITH構文をサポートする

    • LOAD DATA IGNORE LINESのステートメントをサポートする

    • Show ProcessListステートメントはより正確な情報を返します

配置Driver(PD)

TiKV

ツール

アップグレードの警告

  • TiDB 2.1は、新しいストレージエンジンの採用により、v2.0.x以前へのダウングレードをサポートしていません。
  • 並列DDLはTiDB2.1で有効になっているため、2.0.1より前のバージョンのTiDBを持つクラスターは、ローリングアップデートを使用して2.1にアップグレードできません。次の2つのオプションのいずれかを選択できます。

    • クラスタを停止し、2.1に直接アップグレードします
    • 2.0.1以降の2.0.xバージョンにロールアップデートしてから、2.1バージョンにロールアップデートします。
  • TiDB2.0.6以前からTiDB2.1にアップグレードする場合、DDL操作はアップグレードプロセスを遅くするため、進行中のDDL操作、特に時間のかかるAdd Index操作があるかどうかを確認します。進行中のDDL操作がある場合は、DDL操作が終了するのを待ってから、更新をロールします。