重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

gh-ostまたはpt-oscを使用するデータベースからの継続的なレプリケーション

本番シナリオでは、DDL実行中のテーブルロックにより、データベースからの読み取りまたはデータベースへの書き込みがある程度ブロックされる可能性があります。したがって、オンラインDDLツールは、読み取りと書き込みへの影響を最小限に抑えるためにDDLを実行するためによく使用されます。一般的なDDLツールは幽霊pt-oscです。

DMを使用してMySQLからTiDBにデータを移行する場合、DMとgh-ostまたはpt-oscのコラボレーションを可能にするためにonline-ddlをエンベールできます。

詳細なレプリケーション手順については、シナリオごとに次のドキュメントを参照してください。

DMでonline-ddlを有効にする

DMのタスク構成ファイルで、以下に示すように、グローバルパラメーターonline-ddltrueに設定します。

# ----------- Global configuration -----------
## ********* Basic configuration *********
name: test                      # The name of the task. Should be globally unique.
task-mode: all                  # The task mode. Can be set to `full`, `incremental`, or `all`.
shard-mode: "pessimistic"       # The shard merge mode. Optional modes are `pessimistic` and `optimistic`. The `pessimistic` mode is used by default. After understanding the principles and restrictions of the "optimistic" mode, you can set it to the "optimistic" mode.
meta-schema: "dm_meta"          # The downstream database that stores the `meta` information.
online-ddl: true                # Enable online-ddl support on DM to support automatic processing of "gh-ost" and "pt-osc" for the upstream database.

online-ddlを有効にした後のワークフロー

DMでonline-ddlを有効にすると、DMがgh-ostまたはpt-oscを複製することによって生成されるDDLステートメントが変更されます。

gh-ostまたはpt-oscのワークフロー:

  • DDL実テーブルのテーブルスキーマに従ってゴーストテーブルを作成します。

  • ゴーストテーブルにDDLを適用します。

  • DDL実表のデータをゴースト表に複製します。

  • 2つのテーブル間でデータの整合性が取れたら、renameステートメントを使用して、実際のテーブルをゴーストテーブルに置き換えます。

DMのワークフロー:

  • ダウンストリームのゴーストテーブルの作成をスキップします。

  • ゴーストテーブルに適用されたDDLを記録します。

  • ゴーストテーブルからのみデータを複製します。

  • ダウンストリームで記録されたDDLを適用します。

dm-online-ddl

ワークフローの変更により、次の利点がもたらされます。

  • ダウンストリームTiDBは、ゴーストテーブルを作成して複製する必要がないため、ストレージスペースとネットワーク伝送のオーバーヘッドを節約できます。

  • シャーディングされたテーブルからデータを移行およびマージする場合、レプリケーションの正確性を確保するために、シャーディングされたゴーストテーブルごとにRENAME操作は無視されます。

も参照してください

オンラインDDLツールを使用したDMの作業の詳細