重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

式の構文

式は、1つ以上の値、演算子、または関数の組み合わせです。 TiDBでは、式は主にSELECTステートメントのさまざまな句で使用されます。これには、Group by句、Where句、Having句、Join条件、ウィンドウ関数が含まれます。さらに、一部のDDLステートメントでは、テーブルの作成時にデフォルト値、列、パーティションルールの設定などの式も使用されます。

式は次のタイプに分けることができます。

次のルールは、TiDBパーサーのparser.yのルールに基づく式の構文です。次のシンタックスダイアグラムのナビゲート可能なバージョンについては、 TiDBSQL構文図を参照してください。

Expression
singleAtIdentifierassignmentEqNOTExpressionlogOrXORlogAndExpressionMATCH(ColumnNameList)AGAINST(BitExprFulltextSearchModifierOpt)PredicateExprIsOrNotOpNULLCompareOpsingleAtIdentifierassignmentEqPredicateExprAnyOrAllSubSelectIsOrNotOptrueKwdfalseKwdUNKNOWN
PredicateExpr
BitExprBetweenOrNotOpBitExprANDBitExprInOrNotOp(ExpressionList)SubSelectLikeOrNotOpSimpleExprLikeEscapeOptRegexpOrNotOpSimpleExpr
BitExpr
BitExpr|&<<>>*/%DIVMOD^BitExpr+-BitExprINTERVALExpressionTimeUnitSimpleExpr
SimpleExpr
SimpleIdent->->>stringLitFunctionCallKeywordFunctionCallNonKeywordFunctionCallGenericSimpleExprCOLLATECollationNamepipesSimpleExprWindowFuncCallLiteralparamMarkerVariableSumExpr!~-+NOTBINARYSimpleExprEXISTSSubSelect(ExpressionList,ROW(ExpressionList,ExpressionbuiltinCast(ExpressionASCastTypeDEFAULTVALUES(SimpleIdentCONVERT(Expression,CastTypeUSINGCharsetName)CASEExpressionOptWhenClauseElseOptEND
このページの内容