重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDBの実験的特徴

このドキュメントでは、さまざまなバージョンのTiDBの実験的機能を紹介します。これらの機能を実稼働環境で使用することはお勧めしません

パフォーマンス

安定

  • TiFlashは、データの圧縮または並べ替えによってI / Oリソースの使用を制限し、バックグラウンドタスクとフロントエンドデータの読み取りおよび書き込みの間のI / Oリソースの競合を軽減します(v5.0で導入)
  • オプティマイザーによるインデックスの選択の安定性を向上させます(v5.0で導入)
    • 複数列の順序依存関係情報を収集して、統計機能を拡張します。
    • CMSKetchとヒストグラムからTopNの値を削除し、各テーブルインデックスのヒストグラムバケットのNDV情報を追加するなど、統計モジュールをリファクタリングします。
  • TiKVが限られたリソースでデプロイされている場合、TiKVのフォアグラウンドが処理する読み取りおよび書き込み要求が多すぎると、バックグラウンドで使用されるCPUリソースがそのような要求の処理に使用され、TiKVのパフォーマンスの安定性に影響します。この状況を回避するには、 クォータリミッターを使用して、フォアグラウンドで使用されるCPUリソースを制限します。 (v6.0で導入)

スケジューリング

  • カスケード配置ルール機能。これは、PDがさまざまなタイプのデータに対応するスケジュールを生成するようにガイドするレプリカルールシステムです。さまざまなスケジューリングルールを組み合わせることで、レプリカの数、保存場所、ホストタイプ、Raft選挙に参加するかどうか、Raftリーダーとして機能するかどうかなど、任意の連続データ範囲の属性を細かく制御できます。詳細については、 カスケード配置ルールを参照してください。 (v4.0で導入)
  • エラスティックスケジューリング機能。これにより、TiDBクラスタがリアルタイムワークロードに基づいてKubernetesで動的にスケールアウトおよびスケールインできるようになり、アプリケーションのピーク時のストレスが効果的に軽減され、オーバーヘッドが節約されます。詳細については、 TidbCluster自動スケーリングを有効にするを参照してください。 (v4.0で導入)

SQL

  • 式インデックス機能。式インデックスは、関数ベースのインデックスとも呼ばれます。インデックスを作成する場合、インデックスフィールドは特定の列である必要はありませんが、1つ以上の列から計算された式にすることができます。この機能は、計算ベースのテーブルにすばやくアクセスするのに役立ちます。詳細については、 式インデックスを参照してください。 (v4.0で導入)
  • 生成された列 (v2.1で導入)
  • ユーザー定義変数 (v2.1で導入)
  • JSONデータ型およびJSON関数 (v2.1で導入)
  • 意見 (v2.1で導入)
  • ALTER TABLE ... COMPACT (v6.1.0で導入)

Configuration / コンフィグレーション管理

データ共有とサブスクリプション

保管所

バックアップと復元

データ移行

ガベージコレクション

診断