重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB Cloud(開発者層) で TiDB クラスターを構築する

このドキュメントでは、TiDB を使い始める最も簡単な方法について説明します。 TiDB Cloudを使用して、無料の TiDBクラスタを作成し、それに接続して、サンプル アプリケーションを実行します。

ローカル マシンで TiDB を実行する必要がある場合は、 TiDB をローカルで起動するを参照してください。

ステップ 1.無料のクラスタを作成する

  1. TiDB Cloudアカウントを持っていない場合は、 TiDB Cloudをクリックしてアカウントにサインアップします。

  2. ログインをTiDB Cloudアカウントで。

  3. Developer Tierクラスタを 1 年間無料で作成するには、 プランページDeveloper Tierプランを選択するか、 クラスターの作成をクリックして [クラスターの作成] ページでDeveloper Tierを選択します。

  4. [**クラスターの作成]**ページで、クラスタ名、クラウド プロバイダー (現時点では、開発者層で使用できるのは AWS のみ)、およびリージョン (近くのリージョンをお勧めします) を設定します。次に、[作成] をクリックしてクラスタを作成します。

  5. TiDB Cloudクラスタは、約 5 ~ 15 分で作成されます。 アクティブなクラスターで作成の進行状況を確認できます。

  6. クラスタを作成したら、[アクティブなクラスター] ページで、新しく作成したクラスタの名前をクリックして、クラスタコントロール パネルに移動します。

    active clusters

  7. [接続] をクリックして、トラフィック フィルター (TiDB 接続に許可されているクライアント IP のリスト) を作成します。

    connect

  8. ポップアップ ウィンドウで、[現在の IP アドレスを追加] をクリックして現在の IP アドレスを入力し、[フィルタを作成] をクリックしてトラフィック フィルタを作成します。

  9. 後で使用するために、文字列をコピーして SQL クライアントに接続します。

    SQL string

ステップ 2.クラスタに接続する

  1. MySQL クライアントがインストールされていない場合は、オペレーティング システムを選択し、以下の手順に従ってインストールします。
  • macOS
  • Linux

macOS の場合、 自作がない場合はインストールしてから、次のコマンドを実行して MySQL クライアントをインストールします。

brew install mysql-client

出力は次のとおりです。

mysql-client is keg-only, which means it was not symlinked into /opt/homebrew,
because it conflicts with mysql (which contains client libraries).

If you need to have mysql-client first in your PATH, run:
  echo 'export PATH="/opt/homebrew/opt/mysql-client/bin:$PATH"' >> ~/.zshrc

For compilers to find mysql-client you may need to set:
  export LDFLAGS="-L/opt/homebrew/opt/mysql-client/lib"
  export CPPFLAGS="-I/opt/homebrew/opt/mysql-client/include"

MySQL クライアントを PATH に追加するには、上記の出力で次のコマンドを見つけて (出力がドキュメントの上記の出力と一致しない場合は、代わりに出力で対応するコマンドを使用してください)、それを実行します。

echo 'export PATH="/opt/homebrew/opt/mysql-client/bin:$PATH"' >> ~/.zshrc

次に、 sourceコマンドでグローバル環境変数を宣言し、MySQL クライアントが正常にインストールされていることを確認します。

source ~/.zshrc
mysql --version

予想される出力の例:

mysql  Ver 8.0.28 for macos12.0 on arm64 (Homebrew)

Linux の場合、次の例では CentOS 7 を使用しています。

yum install mysql

次に、MySQL クライアントが正常にインストールされたことを確認します。

mysql --version

予想される出力の例:

mysql  Ver 15.1 Distrib 5.5.68-MariaDB, for Linux (x86_64) using readline 5.1
  1. ステップ1で取得した接続文字列を実行します。
mysql --connect-timeout 15 -u root -h <host> -P 4000 -p
  1. パスワードを入力してサインインします。

ステップ 3. サンプル アプリケーションを実行する

  1. tidb-example-javaのプロジェクトを複製します。
git clone https://github.com/pingcap-inc/tidb-example-java.git
  1. 接続パラメーターを変更します。
  • Local default cluster
  • Non-local default cluster, TiDB Cloud, or other remote cluster

変更は必要ありません。

plain-java-jdbc/src/main/java/com/pingcap/JDBCExample.javaで、ホスト、ポート、ユーザー、およびパスワードのパラメーターを変更します。

mysqlDataSource.setServerName("localhost");
mysqlDataSource.setPortNumber(4000);
mysqlDataSource.setDatabaseName("test");
mysqlDataSource.setUser("root");
mysqlDataSource.setPassword("");

設定したパスワードが123456で、 TiDB Cloudから取得した接続文字列が次のとおりであるとします。

mysql --connect-timeout 15 -u root -h xxx.tidbcloud.com -P 4000 -p

この場合、次のようにパラメータを変更できます。

mysqlDataSource.setServerName("xxx.tidbcloud.com");
mysqlDataSource.setPortNumber(4000);
mysqlDataSource.setDatabaseName("test");
mysqlDataSource.setUser("root");
mysqlDataSource.setPassword("123456");
  1. make plain-java-jdbcを実行します。

期待される出力の例を次に示します。