TiDBダッシュボードのSQLステートメントページ

SQL ステートメント ページには、クラスター内のすべての SQL ステートメントの実行ステータスが表示されます。このページは、合計実行時間または単一の実行時間が長い SQL ステートメントを分析するためによく使用されます。

このページでは、一貫した構造を持つ SQL クエリ (クエリ パラメータが一貫していない場合でも) は、同じ SQL ステートメントとして分類されます。たとえば、 SELECT * FROM employee WHERE id IN (1, 2, 3)select * from EMPLOYEE where ID in (4, 5)はどちらも同じselect * from employee where id in (...) SQL ステートメントとして分類されます。

ページにアクセスする

SQL ステートメントの概要ページにアクセスするには、次の 2 つの方法のいずれかを使用できます。

  • TiDB ダッシュボードにログインしたら、左側のナビゲーション メニューで[SQL ステートメント]をクリックします。

  • ブラウザでhttp://127.0.0.1:2379/ダッシュボード/#/ステートメントアクセスします。3 127.0.0.1:2379実際の PD インスタンスのアドレスとポートに置き換えます。

SQL ステートメントの概要ページに表示されるすべてのデータは、TiDB ステートメントの概要テーブルから取得されます。テーブルの詳細については、 TiDB ステートメント サマリー テーブル参照してください。

注記:

SQL ステートメントの概要ページの「平均待ち時間」列では、青いバーが平均実行時間を示します。SQL ステートメントの青いバーに黄色の線が表示されている場合、黄色の線の左側と右側はそれぞれ、最近のデータ収集サイクル中の SQL ステートメントの最小実行時間と最大実行時間を表します。

フィルターを変更する

SQL ステートメントの概要ページの上部で、表示する SQL 実行の時間範囲を変更できます。また、SQL ステートメントが実行されるデータベース別、または SQL タイプ別にリストをフィルターすることもできます。次の画像は、最近のデータ収集サイクル (デフォルトでは最近の 30 分間) におけるすべての SQL 実行を示しています。

Modify filters

より多くの列を表示

ページの「列」をクリックすると、さらに列を表示できます。マウスを列名の右側にある(i)アイコンに移動すると、その列の説明が表示されます。

Choose columns

カラムで並べ替え

デフォルトでは、リストは合計レイテンシの高から低の順に並べ替えられます。並べ替えの基準を変更したり、並べ替え順序を切り替えるには、別の列見出しをクリックします。

Modify list sorting

設定を変更する

リスト ページで、右上にある[設定]ボタンをクリックして、SQL ステートメント機能の設定を変更します。

Settings entry

[設定]ボタンをクリックすると、次の設定ダイアログボックスが表示されます。

Settings

設定ページでは、SQL ステートメント機能を無効または有効にすることができます。SQL ステートメント機能を有効にすると、次の設定を変更できます。

  • 収集間隔: 各 SQL ステートメント分析の期間の長さ。デフォルトでは 30 分です。SQL ステートメント機能は、一定期間内のすべての SQL ステートメントを要約してカウントします。期間が長すぎると、要約の粒度が粗くなり、問題の特定には適しません。期間が短すぎると、統計の粒度が細かくなり、問題の特定には適しますが、同じデータ保持期間内でレコード数が増え、メモリ使用量が増えます。したがって、実際の状況に基づいてこの値を調整し、問題を特定するときにこの値を適切に下げる必要があります。
  • データ保持期間: 概要情報の保持期間。デフォルトでは 1 日です。この期間より長く保持されたデータは、システム テーブルから削除されます。

詳細はステートメントサマリーテーブルの構成参照。

注記:

  • ステートメント システム テーブルはメモリにのみ保存されるため、SQL ステートメント機能が無効になると、システム テーブル内のデータはクリアされます。

  • Collect intervalretain durationの値はメモリ使用量に影響するため、実際の状況に応じてこれらの値を調整することをお勧めします。5 retain duration値は大きすぎないようにしてください。

その他

tidb_stmt_summary_max_stmt_count 、ステートメント サマリー テーブルに保存できる SQL ステートメントの数を制限します。制限を超えると、TiDB は最近使用されていない SQL ステートメントをクリアします。これらのクリアされた SQL ステートメントは、 DIGESTNULLに設定された行として表されます。TiDB ダッシュボードの SQL ステートメント ページでは、これらの行の情報はOthersとして表示されます。

Others

次のステップ

SQL ステートメントの実行詳細を表示する方法の詳細については、 TiDBダッシュボードのステートメント実行の詳細参照してください。

このページは役に立ちましたか?

Playground
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Cloud
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.