重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDBダッシュボードインスタンスプロファイリング-手動プロファイリング

ノート:

この機能は、データベースの専門家向けに設計されています。専門家以外のユーザーの場合は、PingCAPテクニカルサポートの指導の下でこの機能を使用することをお勧めします。

手動プロファイリングにより、ユーザーはシングルクリックで各TiDB、TiKV、PD、およびTiFlashインスタンスの現在のパフォーマンスデータをオンデマンドで収集できます。収集されたパフォーマンスデータは、FlameGraphまたはDAGとして視覚化できます。

これらのパフォーマンスデータを使用して、専門家はインスタンスのCPUやメモリなどの現在のリソース消費の詳細を分析し、CPUオーバーヘッドの高さ、メモリ使用量の高さ、プロセスのストールなど、進行中の高度なパフォーマンスの問題を特定できます。

プロファイリングを開始した後、TiDBダッシュボードは一定期間(デフォルトでは30秒)の現在のパフォーマンスデータを収集します。したがって、この機能は、クラスタが現在直面している進行中の問題を分析するためにのみ使用でき、過去の問題に大きな影響を与えることはありません。パフォーマンスデータをいつでも収集および分析する場合は、 継続的なプロファイリングを参照してください。

サポートされているパフォーマンスデータ

現在、次のパフォーマンスデータがサポートされています。

  • CPU:TiDB、TiKV、PD、およびTiFlashインスタンスの各内部機能のCPUオーバーヘッド

    TiKVおよびTiFlashインスタンスのCPUオーバーヘッドは、現在ARMアーキテクチャではサポートされていません。

  • ヒープ:TiDBおよびPDインスタンスの各内部関数のメモリ消費量

  • ミューテックス:TiDBおよびPDインスタンスでのミューテックス競合状態

  • Goroutine:TiDBおよびPDインスタンス上のすべてのgoroutineの実行状態と呼び出しスタック

ページにアクセスする

次のいずれかの方法を使用して、インスタンスプロファイリングページにアクセスできます。

  • TiDBダッシュボードにログインした後、左側のナビゲーションバーで[高度なデバッグ]>[インスタンスのプロファイリング]>[手動プロファイリング]をクリックします。

    Access instance profiling page

  • ブラウザでhttp://127.0.0.1:2379/dashboard/#/instance_profilingにアクセスします。 127.0.0.1:2379を実際のPDインスタンスのアドレスとポートに置き換えます。

プロファイリングを開始します

インスタンスプロファイリングページで、少なくとも1つのターゲットインスタンスを選択し、[プロファイリングの開始]をクリックしてインスタンスプロファイリングを開始します。

Start instance profiling

プロファイリングを開始する前に、プロファイリング期間を変更できます。この期間は、プロファイリングに必要な時間(デフォルトでは30秒)によって決定されます。 30秒の期間は、完了するまでに30秒かかります。

継続的なプロファイリングが有効になっているクラスターでは、手動プロファイリングを開始できません。現時点でのパフォーマンスデータを表示するには、 継続的なプロファイリングページの最新のプロファイリング結果をクリックします。

プロファイリングステータスのビュー

プロファイリングが開始されると、プロファイリングのステータスと進行状況をリアルタイムで表示できます。

Profiling detail

プロファイリングはバックグラウンドで実行されます。現在のページを更新または終了しても、実行中のプロファイリングタスクは停止しません。

パフォーマンスデータをダウンロードする

すべてのインスタンスのプロファイリングが完了したら、右上隅にある[プロファイリング結果のダウンロード]をクリックして、すべてのパフォーマンスデータをダウンロードできます。

Download profiling result

テーブル内の個々のインスタンスをクリックして、そのプロファイリング結果を表示することもできます。または、...にカーソルを合わせて生データをダウンロードすることもできます。

Single instance result

プロファイリング履歴をビューする

オンデマンドのプロファイリング履歴がページに一覧表示されます。行をクリックして詳細を表示します。

View profiling history

プロファイリングステータスページの詳細な操作については、 プロファイリングステータスのビューを参照してください。